« 鼻咽腔炎の治療法 | トップページ | 扁摘パルス治療が普及段階へ »

2011年6月27日 (月)

扁摘パルス療法の研究結果、国内・外で続々と

IgA腎症根治治療ネットーワークのDR.HOTTAの新コラムで、厚労省が実施していたランダム化比較試験(RCT)の結果が、腎臓学会で発表されたことについて、紹介している。

「扁摘パルスRCTで有意差あり」第54回日本腎臓学会速報
http://www.iga.gr.jp/column/007_20110620.php

RCT: Randomized clinical trial(無作為化[ランダム化]臨床試験)

厚労省の臨床試験の結果が出るほんの少し前に、ヨーロッパで最も権威のある腎臓の雑誌、オックスフォードジャナルの『NDT(Nephrology Dialysis Transplantation)』にて、中国人がこれまでの扁摘パルス治療に関する報告をメタ分析(過去に行われた複数の研究結果を統合して信頼性の高い結果を出すこと)してまとめた論文が掲載された。

「NDT」6月号から
http://ndt.oxfordjournals.org/content/26/6/1923.abstract
A meta-analysis of the clinical remission rate and long-term efficacy of tonsillectomy in patients with IgA nephropathy
<IgA腎症患者への扁桃摘出治療の寛解率と長期有効性のメタ分析>

この論文では、データベースから扁摘パルス、扁摘+ステロイド服用、扁摘もステロイドも使用しない従来の治療に関する研究を分析し、扁摘とステロイド(パルスまたは服用)の併用治療で寛解率が有意に高いことを結論づけている。

今後は、ランドマーク研究(従来、標準と考えられていた診療内容を、大きく変える結果につながる象徴的な成果を上げた研究)となるであろう、扁摘パルスの臨床試験が世界各地で実施されてゆく可能性が高まった(患者に対する倫理観の問題は、RCTにはいつの場合にも伴ってはいるが)。

それとともに一次疾患が腎炎を誘発するという研究も進んでゆくはずだ。メカニズムがより明確になると同時に、扁摘パルス否定派も考えを変えざるを得ない。

扁摘パルス治療がスタンダードとなる日も遠くないだろう

このブログの英語版を作らなければと思っていたが、その必要はなさそうだ(実際のところ、外国の患者さんがブログを英語で読めても実施施設がなければ患者は救われない)。これからは、海外で扁摘パルス治療を受けた患者さんのブログが続々と出てくるようになり、それらを通して、海外にこの治療が浸透してゆくことになるだろうから。

Nigaoe_ss_5 トップページから最新の記事をお読みください。
慢性腎炎(IgA腎症?)ぜったい治したい!トップ

|

« 鼻咽腔炎の治療法 | トップページ | 扁摘パルス治療が普及段階へ »

コメント

Sachiさん、こんにちは。

海外、それも中国でも扁摘パルス治療法の研究や分析が行われていたんですね。それは知りませんでした。

海外諸国では、日本のように年一回の健康診断を行うシステムがないので、尿の異常自体が早期に発見されないという話も聞くことがありますが、実際のところはどうなんでしょうね?

でも、こうして国内外で扁摘とパルスを併用した治療の効果が立証され始まると、ますます「扁摘パルス」が広まっていくことが期待できそうですね。

もちろん、まだまだ地道な努力も必要だと思いますが、何かが少しずつ着実に動き出している気がします。

情報ありがとうございました!

投稿: ウエちゃん | 2011年6月28日 (火) 05時02分

ウエちゃん、こんにちは。Sachiです。

海外と日本では、医療の保険制度などを含め、海外とは大きな違いがあります(日本の医療保険制度は崩壊寸前ですが)。

何がベストなのかは別として、日本人は医療にアクセスしやすいと言える環境にあるでしょう。その点では、幸せな国だと思います。

おっしゃるように、海外で早期にIgA腎症を発見できる確立は、日本より低いはずです。

それでも、私のように健康診断ではなく、肉眼的血尿で腎炎を発見する患者も少なくありません。

IgA腎症治療は、海外でも標準的治療となるのに値する、パラダイムシフトをおこし得る治療です。

ウエちゃんも、今の扁摘パルス治療浸透の大きな波とともに、普及にがんばってください。

投稿: Sachi | 2011年6月28日 (火) 05時30分

Sachiさん

「こんにちは」というより、「おはようございます」という時間でしたね。パルス中の不眠で朝4時にパッチリ目が覚めてしまったもので...。しかし、Sachiさんも朝が早いですね!

たしかに、尿検査を受ける機会がなければ、肉眼で血尿に気づく以外にはないですよね。

私は17年目に突入してしまっているものの、実はまだコーラとかワイン色をした尿を出したことが一度もありません。IgA腎症の進行が緩やかなままだったのが救いでもあります。

もし尿検査を受けていなければ、今でも腎機能の低下や異常に気づいていなかったと思います。少なくとも尿の色だけなら分からない。

その点、健康診断がある日本人は早期発見という点では恵まれていますね。地道な普及活動ですが、会社に属さずフリーで仕事をしている友人が少なくないので、健康診断や人間ドックを呼びかけるようにしています。あと、「要再検査」といわれたら即行くこと(笑)

IgA腎症に限らず、早期発見・早期治療ですからね。

まずは自分の治療。今日からパルス2クール目です。がんばりますgood

投稿: ウエちゃん | 2011年6月28日 (火) 05時45分

こんにちは!IgA腎症が発覚して以来sachiさんのブログを拝見させていただいております。この度の堀田先生のコラムで扁摘パルスがRTCで有意義に認められたとの事で扁摘パルスをした僕としてもやって良かったと安心してます。IgA腎症に詳しいsachiさんに質問なんですが扁摘パルスをして3ヵ月がたつんですが2日前から風邪をひいてしまい肉眼的血尿もでてます。やはり腎機能の低下でクレアチニンは上昇するのでしょうか、上昇しても一過性なのでしょうか。また今回の風邪で今までの治療の意味はなくなって寛解の可能性もどうなんでしょうか。今まで順調にきてたので不安です。ちなみに2週間前の検査ではクレアチニン0.95で尿蛋白マイナス 尿潜血プラス3です。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 3日 (日) 11時03分

拓郎さん、こんにちは。Sachiです。

扁摘パルスをして、少し経過した後に、風邪やインフルエンザにかかり、血尿になる方はときどきいらっしゃいます。

場合によっては、パルスを追加する方もいるようですが、尿潜血が続くようでしたら、主治医の先生にパルス追加について、ご相談なさってはいかがでしょう。扁摘パルスから3ヶ月経った検査での潜血3+は、ちょっと多いかもしれません。パルスがゆるかった可能性もあります。

クレアチニンは、私の場合、薬を服用中は上がることがありましたが、現在では、扁摘パルス前よりも、逆に下がっています。

投稿: Sachi | 2011年7月 3日 (日) 11時16分

Sachiさんさっそくのご返事有り難うございます。パルスは扁摘の4ヵ月前に1クールと扁摘の2週間後に2クールしました。ちょっと変則的ですが。例えばですが今まで潜血がプラス1だった人が風邪とかで血尿が出てそれを継起にそれからの検査で潜血がプラス2とか3に上がったままと言う事はあるのでしょうか。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 3日 (日) 11時46分

拓郎さん、扁摘パルス後に風邪で血尿が出てそのまま何もせずに再発が続いている例については存じませんが、潜血が続いていれば何らかの対応が必要です。

再発の場合には、扁桃以外に存在していた病巣を探すこともありますが、パルスが十分でなかった場合には、再発の原因が他の病巣にあるのか、不十分なパルスにあったのかが、特定しづらいと聞きます。

この両方について、主治医と考察するとよいでしょう。

投稿: Sachi | 2011年7月 3日 (日) 12時51分

そーなんですか、寛解になるのもなかなか難しいですね。扁摘だけで安心してたんですが、尿蛋白が出続けるのと潜血が出続けるのでは将来的にどちらの方が腎機能に影響あるのでしょうか。また僕ぐらいの腎機能だと食事制限や運動制限はどんなもんでしょうか、飲酒なんかも毎日してますが腎臓に関係あるのかとか気になります。現在は蛋白50gで塩分6gです。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 3日 (日) 13時36分

拓郎さん、潜血も尿蛋白もどちらも腎機能に悪影響を及ぼします。

寛解ポイントに間に合わなかったために、尿蛋白が残るのはいたしかたないですが、潜血には対処しなければなりません。火事(炎症)をそのままにしておくと、組織がどんどん壊れて腎機能が下がってゆきます。

食事制限や運動制限については私からはお答えできかねます。

投稿: Sachi | 2011年7月 3日 (日) 15時20分

Sachiさんどうも有り難うございます。やはり潜血も甘く見たら駄目なんですね~、風邪もだいぶ治まってきたせいか肉眼的血尿もなくってきました。潜血もパルスから1年とか2年ぐらいかかってなくなる方もいるのでしょうか、また肉眼的血尿なんかあると検査でクレアチニンとかが上昇するのでしょうか。長々申し訳ありません。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 3日 (日) 17時17分

拓郎さん、扁摘パルス後に潜血が続いても、Ftomさんのように、他の病巣の治療をすることで、寛解する方もいらっしゃいますので、主治医にその知識がない場合には、実績のあるところでセカンドオピニオン(IgA腎症専門外来など)を受けることをお勧めいたします。

投稿: Sachi | 2011年7月 4日 (月) 03時43分

Sachiさん拓郎です、返事遅くなり申し訳ありません。扁桃腺以外には虫歯の治療と歯茎周辺をレントゲンで見てもらい炎症はなかったんですが。普通の人は扁摘パルスをしたらすぐに潜血は消えるのでしょうか、潜血は消えまで2年近くかかったと言う人もいたんですが。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 4日 (月) 22時01分

拓郎さん、問題となるのは、パルス後の潜血の量の経過です。パルスが患者の病症に十分であったかどうかは、経験の多い医師にさえわかりづらいものです。

ですから、私が拓郎さんの潜血が2年後に消えているかどうについては、判断しかねます。ご心配であれば、先にも記したように、IgA腎症専門外来をご予約なさってはいかがでしょうか。この先、ずっと悩むよりは精神的にも救われます。

投稿: Sachi | 2011年7月 5日 (火) 03時04分

Sachiさんの言う通りですね、そんなに簡単だったら難病に指定される事もないでしょうし。仕事を調整しながら考えてみようと思います。どうも有り難うございました。

投稿: 拓郎 | 2011年7月 5日 (火) 08時30分

Sachiさん、初めまして。
IgAを発症して11年の茶美と申します。
Sachiさんのブログなどを参考にさせていただき、
二の足を踏んでいた扁摘パルスを来月受けることにしました。今、大久保病院にかかっています。

健康診断の腎機能所見以外で気がかりな点があります。
もしSachiさんがご存知の事があれば、ご教授いただけるとありがたいです。

血液検査で、いつも白血球NEUT(好中球)の数値が高く、気になっています。調べてみたところ感染症、炎症等で増加するとの事でした。これはIgAと関係があるのでしょうか。

突然のコメントの中での質問、失礼致します。

投稿: 茶美 | 2011年7月20日 (水) 22時22分

前回のコメントは書き込みに失敗していると
勘違いしておりました;;
二重の書き込み失礼致しました。

また、丁寧なご回答ありがとうございます。
やはりNEUTと腎炎には直接関係があったのですね・・
来月からの治療が成功することを祈ります。
また、堀田先生の著作も読んでみようと思います。

大変ありがとうございました。

投稿: 茶美 | 2011年7月20日 (水) 22時33分

茶美さん、こんにちは。Sachiです。

好中球は、潜血の原因になります。下記の記事にもありますが、尿蛋白のみの場合はマクロファージが原因となることが多いのです。

http://manseijinen-naosu.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-ee26.html

好中球、マクロファージとも貪食細胞で、異物が体内に入り込むとそれを食べてしまいます。結果、組織が破壊されます。

来月お受けになる扁摘パルスで、それら貪食細胞の産生が減るはずです。

投稿: Sachi | 2011年7月21日 (木) 07時09分

はじめまして。naoと言います。IgA腎症と診断を受けたとき、Sachiさんのブログに出会いました。以来、落ち込んだときや不安で一杯になったとき、Sachiさんのブログをみて勇気をいただいてました。ありがとうございます。今年の1月に腎生検、5月に扁摘、そしてまさに今パルスのために入院中です。昨日でパルス1クール目が終わりました。1クール目が終了した時点で、1日の尿蛋白量が0.078の正常値まで下がりました。先生は今回のパルスは1クールで終了とし今後はプレドニンの内服継続で様子をみようとのことです。とても信頼できる先生なのですが、1クールで終わってしまって大丈夫なのかな...という不安が残ります。今の結果は良くても将来のことを考えて今のうちに3クールした方がいいのではないか...と考えてみたり。先生はとても優しく信頼できる方なので、先生の言葉を信じたいと思いますが、Sachiさんのご意見も聞きたいと思いコメントさせていただきました。

投稿: nao | 2011年7月22日 (金) 15時03分

naoさん、こんにちは。Sachiです。

パルスが1クールのみで、元に戻ってしまわないか心配なさっていることと思います。これまでのnaoさんの経過を存じませんので、わかりかねますが、尿蛋白からすれば、1クールで十分効果が出たと先生は判断されてのことでしょう。

パルスは後で追加することも可能ですから、早急に決断しなくても、今後の経過を見ながらでよいのではと思います。

投稿: Sachi | 2011年7月22日 (金) 15時15分

Sachiさんお返事ありがとうございます。
そうですね。今後の定期受診の結果をみながら先生と相談しつつ、今はしっかりと内服治療をがんばっていきたいと思います。Sachiさんのブログを読むと、心が軽くなります。何度も読み直しては助けられています。本当にありがとうございました。

投稿: nao | 2011年7月22日 (金) 15時28分

先日は詳しいご回答を有難うございました・・!

私は先週、大久保病院にて扁摘を受け、来週22(月)より パルスを開始する予定です。
同じ病棟の患者さんで、15年前の腎生検の結果 IgAと診断されましたが、今月、再度腎生検を受けたところ 糸球体硬化症と判明したという話を伺いました。

私も前回腎生検から11年が経つので、再度受けた方が良いのか迷いがあります。 来週、入院時に主治医の先生(堀田先生ではない方です)にも訊くつもりですが Sachiさんのご意見をお聞かせ頂けると幸いです。

投稿: 茶美 | 2011年8月16日 (火) 23時14分

茶美さん、同じ病棟の患者さんが、糸球体硬化症と診断されたとのことですが、ご本人には、お伝えしないでいただきたいのですが、IgA腎症でも進行が進むと糸球体硬化症になってしまいます。

重度の炎症が長く続き、組織が堅くなってしまうのです。扁摘パルス治療での寛解は望めません。炎症(潜血)はなくなっても、硬化した組織から蛋白が漏れ出ます。

茶美さんは、発症から11年経つとのことですが、クレアチニン値と潜血・蛋白の量、その他の血液検査から、ある程度は、腎症を判断できます。でも、主治医の先生が、もし、腎生検を受けた方がよいとのことでしたら、そのようになさってくださいね。

投稿: Sachi | 2011年8月17日 (水) 06時33分

Sachiさん、いつも迅速なお返事有難うございます。

大丈夫です。此処だけの話にします。
その方は、しばらく潜血、蛋白ともに±~-に
落ち着いていたそうなので、私は15年前の腎生検が誤診をだったのかと思いました・・
堀田先生にかかっていて、かなり悩まれたようですが
今回扁摘に踏み切ったそうです。

検査結果からも腎症を判断できるのですね。
ちなみに今わかるデータですと
発症時が潜血、蛋白が最高+3~+4
パルス後、7年間潜血-~+1、蛋白+1~±
直近4年間は潜血+1~±、蛋白+1~±
程度です。これでは判断材料になりませんよね;

堀田先生にも相談窓口より腎生検の事を訊いた所、
『前回の腎生検で、IgA腎症であることが確実な証拠があれば再度の生検は必ずしも必要ではない』
とのご回答でした。

しかし11年前入院した病院に問い合わせた所、
もう検査時の資料は残っていないとのこと。。

長々とすみません。来週入院時に担当の先生にじっくり相談します。

投稿: 茶美 | 2011年8月18日 (木) 15時00分

同じ病棟の方が、堀田先生が診られていて扁摘を受けられるのでしたら、病巣が腎炎の一次疾患となっていることに間違いないはずです。保存期を延ばせますし、例え将来に腎移植を受けることになったとしても、扁桃の病巣をとっておくことが有効です。

茶美さんは、最初のパルス後に尿所見が改善していますね。羅病期間は長いですが、腎炎の進行を抑えられていたようです。今度の扁摘パルスでさらによい結果が出るといいですね。

投稿: Sachi | 2011年8月18日 (木) 15時27分

早速のお返事有難うございます。
今回のパルスがとどめになってくれる事を祈ります。

そして度々の質問で恐縮なのですがm(_)m
Sachiさんは胃炎から血尿になってしまったのですね。
やはり胃炎改善も一次疾患を取り除く事が対策になるのでしょうか。私も食道炎と胃炎持ちなので・・

投稿: 茶美 | 2011年8月18日 (木) 15時40分

胃炎も腎炎と同じ血管の炎症です。そして、胃の炎症も病巣から血管がやられている可能性もあります。

できるだけストレスを少なくしましょう。プレドニン服用中は胃が痛くなる可能性がありますが、胃のお薬が処方されると思います。

投稿: Sachi | 2011年8月18日 (木) 15時51分

こんにちは。Sachiさん。
ご連絡が遅くなりましたが あのあと堀田先生の診察の予約ができました。本日 主治医にも話をしました。

投稿: 茉莉花 | 2011年8月19日 (金) 16時05分

茉莉花さん、扁摘パルス否定派の主治医とのやりとりは苦労が多かったことと思いますが、堀田先生の予約がとれてまずは一段落ですね。

大久保病院のご予約はかなり混んでおりますので、実際の診察は先になると思いますが、希望をもってがんばりましょう。

投稿: Sachi | 2011年8月19日 (金) 16時15分

こんにちわ!!ブログ読ませて頂きました。
私も去年IgA腎症と診断され9月から入院して篇摘パルスをしました。

今月でやっとステロイドも1錠になりもう2ヶ月後には飲み薬も1年経つので終了します。

今月の検診で初めてたんぱくがマイナスになりました。

私の通っている病院は篇摘パルスを積極的に治療に取り入れている病院だったので、治療は大変でしたがしてよかったなと思いました。


今は治療終了後にどうやってステロイドを体から出していくか検討中です。

なにかやられていることがあれば教えてください。

私もがんばります!!

投稿: コエダ | 2011年8月23日 (火) 14時47分

コエダさん、こんにちは。Sachiです。

今日の検査で尿蛋白が陰性になったとのこと、うれしいことですね。

コエダさんはステロイドは、一錠になったのですから、これまでに比較したら量的にはわずかです。大きな副作用がなかったのでしたら、このまま大丈夫でしょう。

特に体内からステロイドを出す工夫ということは、私はしませんでしたが、血流をよくし毒素を排出するために、体操やストレッチを毎日継続しています。加えて、私が長く継続しているのは、ナタマメ茶(鼻炎など体内の膿を出す、クレアチニン改善)とカスピ海ヨーグルト(腸の調子を整える)です。

あと、牛乳の替わりに豆乳を飲んでいます。ヨーグルトと豆乳には良質なタンパク質が多く含まれていますが、とりすぎないよう注意が必要です。

投稿: Sachi | 2011年8月23日 (火) 15時05分

お返事ありがとうございます。

私はラッキーな事に今はニキビがひどくなったことくらいで今は体調も安定していて仕事も前より時間を短くしてさせていただいてます。

仕事が美容なのでニキビを気にしてどくだみ茶やジャスミン茶をさいきん飲み初めました。

ナタマメ茶もいいんですね!!
ヨーグルトはとってはいるんですけどカスピ海ヨーグルトの方がいいですか?


アトピーの友達からステロイドは体から出にくいと聞いたので漢方とか始めたほうがいいのかなぁと思ってました。


病気をする前は仕事が忙しくて自分の体もちゃんと管理出来ていなかったので病気になって自分の体の大切さをしって、今病気が見つかってよかったなと思っています。


日々、支えてくれた周りの方に感謝しています。

投稿: コエダ | 2011年8月23日 (火) 19時57分

私は現在19歳の看護学生です。今年の夏休みに腎生検をして結果は怖くてまだ聞いてません。ですが、血液検査でもIgAが高値であるため医師達もIgA腎症で間違いないだろうと前から言っていました。
私が通っているのは大学病院なのですが外来の主治医と腎生検の行う場所から色々もめたりして正直全く信頼関係ありません。そこで宮城の友達に仙台の社会保険病院の堀田先生を紹介されました。さすがに宮城はきついので調べたら大久保病院とわかったのですが、学校が忙しくて木曜日になると通うのがきつくなります。他に関東圏内で堀田先生がこられている病院知りませんか?
あとやっぱりステロイド療法よりも扁摘パルス療法の方がいいのですかね?

投稿: えりか | 2011年9月11日 (日) 18時16分

えりかさん、こんにちは。Sachiです。

関東圏内で堀田先生の外来を受けられるのは、大久保病院のみです。例えば、扁摘パルス治療を大久保病院で受けて、後は近いところで診てもらうという方法もございます。

現在の先生が、ステロイドのみの治療を勧めているのでしたら、扁摘とパルスの両方を実施している病院へ転院なさることをお勧めいたします。

投稿: Sachi | 2011年9月12日 (月) 06時54分

お返事ありがとうございました!
今日結果聞いたらIgA腎症の比較的?進行性であることがわかり20、30年後には透析になる確率は高いと言われました。治療の話をされてすぐに堀田先生に会いたいと言ったら行ってみるのもいいと思うと不機嫌になりながらも言われました。それで堀田先生が宮城に病院を開院したのでそこに行こうと思っていたのですが、クリニックであるため扁摘ができないのでまた紹介状書いて他でやられる形になると言われました。とにかく一度堀田先生にお会いしてから決める形になりますと言われました。それなら大久保病院に行ってみたほうがいいのですかね?

投稿: えりか | 2011年9月13日 (火) 20時28分

えりかさん、こんにちは。Sachiです。

大久保病院の予約は、現在4~5ヶ月のようです。仙台のほうが早く受けられると思います。

最初の外来を仙台で受けて、その後にどうするかを堀田先生とお決めになってはいかがでしょうか。

投稿: Sachi | 2011年9月14日 (水) 07時02分

こんにちは!いつもありがとうございます。去年暮れ、扁摘パルス+半年のステロイド治療を終了。ステロイド内服中に血尿も蛋白も消え、完全寛解と言われました。ところが今年4月から、たまに潜血(±)が出るようになり、1週間前に風邪をひいてからずっと尿潜血(+)、一昨日は(2+)まで出てしまいました。完全寛解といわれてから再発することもあるのでしょうか。私は息子にも持病があり、原発事故後、沖縄に自主避難中です。病院探しから始めるのは気が重いので、できればしばらく様子を見たいのですが・・・。なお、すでに話題になっていたら重複恐縮ですが、放射性セシウムは腎臓に負担をかけるそうです。「セシウム 腎臓」で検索してください。持病のある方は特に、内部被曝に気をつけられるよう、願っています。

投稿: まろん | 2011年9月14日 (水) 10時31分

まろんさん、こんにちは。Sachiです。

私には完全寛解の定義が明確ではないのですが、IgA腎症の患者さんが一度寛解したから、再発する可能性はないということはありえません。それは、IgA腎症のメカニズムを知れば明らかです。

IgA腎症の患者さんは、一次疾患が起こったときに、血液中に出た抗原抗体複合体が腎臓に付着して、そこに好中球やマクロファージなどの貪食細胞がくっついてバーストを起こしやすいという体質があります。それは遺伝しやすい特性でもあります。

ですから、扁摘をしても、他の一次疾患があれば、IgA腎症が再発します。よくあるのは、ステロイドの服用がなくなって、それまでステロイドで一次疾患(主に鼻など)の炎症が抑えられていたのが、また炎症が再発し、腎炎も炎症が誘発されるケースです。

ですから、まろんさんにもその可能性はあります。以前に記事の中でも紹介した下記書籍をお読みになることをお勧めいたします。

『病気が治る鼻うがい健康法』

投稿: Sachi | 2011年9月14日 (水) 11時14分

まろんさんは、現在、沖縄にいらっしゃるのですね。

私は、福島原発の被災については、ニュースなどでしかわかりませんが、内部被曝に加えてストレスも大変なものと思います。

どちらも腎臓によくありません。今はつらい時期でしょうが、沖縄でゆったりとお過ごしなさってください。

投稿: Sachi | 2011年9月14日 (水) 12時47分

お返事ありがとうございます。いつもご丁寧に情報発信してくださる sachi さんには、頭が下がります。確かに、人生最大のストレスまみれの半年でした。(というか、ストレス続行中。)気は進みませんが、こちらで診察を受けることにします。ありがとうございました。

投稿: まろん | 2011年9月14日 (水) 13時53分

大久保病院ってそんなに人気なんですか?!

私は冬休みに扁摘を受けたいのですが、sachiさんは堀田先生にお会いしてからどれくらいで扁摘が受けられましたか??

投稿: えりか | 2011年9月15日 (木) 18時03分

えりかさん、こんにちは。Sachiです。

私は、当時は緑の里で治療を受けましたので、すぐに入院できました。

まずはえりかさんの希望をお伝えしてみてください。

投稿: Sachi | 2011年9月16日 (金) 02時31分

Sachiさん
お久しぶりです。このサイトにお世話になりましたりょうこです。お礼と経過を伝えたくてコメントしました。早いもので、このサイトに出会って扁摘をし、ステロイド治療に移ってから一年経過しました。今月、やっとステロイド飲み薬が終わり暫く様子見です。潜血は1~2+をウロウロ、蛋白も+-をウロウロしてます。一番ひどかった時期に(潜血蛋白3+)比べるとだいぶん回復してきました。湯島の耳鼻科にも週一で通っています。未だに、治療の前は緊張します(笑)
ステロイドが終わった時点で、再び悪くなるのではという不安がでてきて、無意識に薬に依存していた自分に気づき少し怖くなりました。
このサイトに出会えてSachiさんに出会えてよかったです。このサイトが堀田先生と出会えるチャンスをくれました。ありがとうございました。一年前には本当に必死でしたが、最近はあの時の状況を忘れそうになります。あの時の気持ちを忘れないようにかんかい目指して過ごそうと思います。
またコメントします!お元気で!

投稿: りょうこ | 2011年9月22日 (木) 23時55分

りょうこさん、こんにちは。Sachiです。

ステロイドが終了したとのこと、後は鼻の炎症がひどくならないようBスポット治療に専念ですね。週一で耳鼻科に通うのは、手間がかかって大変なことと思います。でも、今がが肝心なときです。

IgA腎症の患者さんの中には、鼻の炎症があっても、通える距離にBスポット治療を受けることができない方も多くいらっしゃいます。

がんばってください。

投稿: Sachi | 2011年9月23日 (金) 03時09分

sachiさんご無沙汰しております。以前、寛解のご報告をメールさせていただいた名古屋に住む30歳主婦のモカと申します。お陰様で本日の診察でも蛋白・潜血(―)で完全寛解だねと言っていただけました。そこで少しお聞きしたいのですが…大変失礼なお話で申し訳ないのですが、私がこの病気になった高校生の頃から生命保険というものには入れずにいます。寛解になっても結局クレアチニンが下がってないので完治では難しいね~と言われました。みなさんは保険に入る際、やはりアリコなど海外の保険になるのでしょうか?入れずに諦めるしかないのでしょうか?お返事いただけたら幸いです。

投稿: モカ | 2011年10月28日 (金) 10時23分

モカさん、寛解おめでとうございます。

クレアチニンの基準値は、病院によっても異なりますが、かなり上限を超えているのでしょうか。難しいとは、保険会社から言われたのですか?

投稿: Sachi | 2011年10月28日 (金) 10時31分

sachiさん早速お返事ありがとうございます。
クレアチニンは0.88や0.92など高いですね…
クレアチニンが基準値内になったら完治と言えると主治医にも言われました。
保険会社からはIgA腎症というと入れませんと言われちゃいますね。
資料請求の段階でIgA腎症は入れませんと書いてあるんです…


投稿: モカ | 2011年10月28日 (金) 11時05分

クレアチニンは今後下がる可能性もあります。

完全につぶれていない糸球体が回復するからです。

様子を見てみましょう。

投稿: Sachi | 2011年10月28日 (金) 11時09分

そうなんですね。
様子をみてみます。

ご丁寧にありがとうございました。

投稿: モカ | 2011年10月28日 (金) 11時16分

こんばんは。Sachiさん
お久しぶりです。
以前何度かコメントさせて頂いたAyaです。
今年の1月にプレドニンが終わり経過も良く今日の腎臓内科受診で『今日で終了です。再発の確率は0%ではないけれど完治と言っても良いでしょう。』と主治医の先生から言って頂きました。IgA腎症と分かって2年半、Sachiさんのブログど出会って相談させて頂いたりと支えて頂き元気になれることができました。本当にありがとうございました。

投稿: Aya | 2011年11月18日 (金) 22時56分

Ayaさん、ほぼ完治とのこと、よかったですね。

治療の効果が出たことを、私もうれしく思います。検査は今後も続けられることと思いますが、例え再発があったとしても、原因がわかれば落ち着いて対処できることでしょう。

これから寒くなりますので、冷えないよう体を温めるくふうをしてくださいね。

投稿: Sachi | 2011年11月19日 (土) 02時41分

Sachiサンぉ久しぶりデスhappy01
 
以前少しだけ
コメさせて貰った
Nachiデスnote
分かりますかbearing
 
実ゎ、来月の14日に
扁摘手術の為に
入院しますhospitalshine
 
そしてそのまま
ステロィド治療にも入る
そぅなので
年末年始ゎ病院で
過ごすとぃぅ
悲しぃ状況デス…sweat01
 
手術自体にゎそれほど
不安ゎなぃのですが
ステロィド治療がとても
不安でたまらなくなり
又々ココへ来てしまぃましたweep
 

投稿: Nachi | 2011年11月29日 (火) 09時55分

Nachiさん、こんにちは。Sachiです。

扁摘パルスをこれから受けられるのですね。

今年の年末からお正月は、病院で過ごされるとのこと、さびしいでしょうが、きっと明るい将来につながる、思い出深いお正月となることと思います。

つらいこともきっと乗り越えてゆけます。多くの方が同じように心配なさいますが、その都度、対処してゆきましょう。

投稿: Sachi | 2011年11月30日 (水) 13時34分


ribbonSachiサンribbon

早速のぉ返事
ぁりがとござぃますconfidentshine

確かに
今悩んでても
ステロィド投薬してみなぃと
分からなぃですもんねcoldsweats02

Sachiサンゎ
どんな副作用が
出ましたかbearing

投稿: Nachi | 2011年12月 1日 (木) 03時20分

返信が大変遅くなりごめんなさい。新しいPCのセットアップや不具合で、おくれました。

私は副作用は少なかったほうです。
食後の血糖値上昇はありましたが、インスリンとウォーキングでしのいでいました。

わずかに自分でわかる程度のムーンフェイスがありました。

寒い季節の入院では、風邪などにお気を付けください。

投稿: Sachi | 2011年12月13日 (火) 15時06分


ribbonSachiサンへribbon
 
ぉ返事ぁりがと
ござぃマス(*'ω`人)
 
先程ステロィド治療担当の
先生が病室に来てくれて
副作用のぉ話をして
くれました…が…
 
ゃっぱり
怖ぃです…weepsweat02
 
聞きながら
泣きそぅになりましたdespair
 
Sachiサンゎぁまり
副作用が出なかった
みたぃで
良かったデスネッconfidentshine
 
副作用ゎ人それぞれ
ですもんね…despair
 
因みに骨粗鬆症の
予防薬って
飲まれましたか
 
この薬ゎ将来的に
妊娠を希望する人ゎ
飲まなぃ方がィィと
前の病院で聞ぃたんデスbearing
 
不安で聞ぃてばかりで
ゴメンナサィm(_ _)mdown
 

投稿: Nachi | 2011年12月15日 (木) 14時44分

私は、活性型ビタミンdを飲んでいました。

これらのステロイド副作用に対して処方されるお薬は、ひとによって異なるようです。

投稿: | 2011年12月20日 (火) 10時03分


shine名無しサンshine
ゎざゎざコメpencil
ぁりがとござぃマス(^人^ribbon)

活性型ビタミンDとぃぅ薬も
骨粗鬆症の予防薬
なんですか

何か
今日の先生の話でゎ
骨粗鬆症に1番効くと
されてぃる薬ゎ
将来的に妊娠を考ぇてる
方ゎ飲まなぃ方がィィから
その次に効くとされてる
ぉ薬にしましょぅ
との事デス(´・ω・`)

皆さん
骨粗鬆症の予防薬ゎ
飲まれてるんですかねcoldsweats02

ぁぁ…怖ぃデス…sweat02

投稿: Nachi | 2011年12月21日 (水) 16時06分

Sachiさんお元気ですか?久しぶりにコメントさせていただきます。
最近、東京から関西に夫の転勤で越してきました。病院も大久保病院からこちらの病院を紹介してもらいました。
やはりBスポットの治療をしてくれる耳鼻科はなかなか見つからないので堀田先生の本を買って自分で鼻うがいしてます!結構気持ちよくてくせになりそうです。それでもスッキリ感は塩化亜鉛の塗布に勝るものはないですが当分はこれで乗り越えていこうと思います。

病院が代わると先生方の考え方もこんなに変わるんだと少し戸惑っていますが、堀田先生のように薬をあまり飲まないように配慮して下さる先生は稀なのだなと感じました。

妹が研修医なので、よくこの病気や薬の話をするのですが、患者の立場からではなく治療する側から患者さんの事を見ているのでよく喧嘩になります。お医者さんを否定するわけではないですが、患者さんの立場から治療できる先生は貴重な気がします。
ダラダラと長くなりましたが、私もまだまだ治療の途中なのでコツコツやって行きます。

今年も残り少ないですが、Sachiさんも風邪に気をつけて、良いお年をお過ごし下さい。

投稿: りょうこ | 2011年12月22日 (木) 19時44分

りょうこさん、こんにちは。Sachiです。

ご主人の転勤で大阪に引っ越されたとのこと、新しい地に移ると最初は慣れないことが多くてストレスもたまりがちですね。

扁摘パルスをしている先生であっても、細部にいたると、考えの違いが治療に出てきますね。また、現在は、鼻うがいをなさっているとのこと、よい状態を維持できますように。

以前に知人から、大阪府の塩化亜鉛でのBスポット治療を実施している耳鼻科の情報をいただいているので、下記に記します。以下3施設です。

牧リハビリテーション病院
〒571-0015 大阪府門真市三ツ島

田中耳鼻咽喉科
大阪市福島区

にしだ耳鼻咽喉科
大阪府豊中市

投稿: Sachi | 2011年12月23日 (金) 03時38分


夜分遅くに失礼します。

Sachiサンのblogを見てぃらっしゃる方は、皆さんパルス治療を終ぇられた方なのですか?

私は今現在、扁摘パルスの為に入院中でとても不安な気持ちでィッパィです。

Sachiサンのblogでその不安な気持ちを少しでも解消出来たらと思ぃ、拝見させて頂き、質問もさせてもらってますが、誰も答えてくれないのゎどぅしてでしょぅか?

皆さん、私と同じ病気なのに…絶対私と同じように不安になってたはずなのに、なんでその気持ちを分かって貰ぇないんでしょうか。

とても悲しいです…。

私の家族ゃ周りの人ゎ、この病気がどんなに深刻な物か理解してません。

この病気にっぃて詳しく調べょぅともしなぃし、治療したら治ると、それぐらぃに思ってます。

私ゎ周りに弱さを見せられなぃ性格なので、不安な気持ちをこのSachiサンのblogでしか吐き出す事が出来ませんでした。

私と同じ病気を抱ぇた人なら、分かって貰ぇるだろぅと思ってました。

でも、一人で乗り越ぇてぃくしかなぃのですね。

長文にわたり、このょぅなコメントをして申し訳ないです。

投稿: Nachi | 2011年12月25日 (日) 21時26分

私のブログでは、コメントでのご質問に他の読者の方がお答えになるということはあまりありません。

特にこの病気への対処では、一人一人の病状や特性に合わせた治療というものが必要になり、その中でも薬に関しては私でさえも、軽々しくお伝えできないという実情もあります(薬剤の副作用や有効性などは、まさに患者さんによって異なります)。

薬については、ご自身がなっとくゆく形で、主治医の先生と相談しながら進めてゆく方法しかありませんし、それでも先生と相反する状況で、先生を信頼できない場合には将来も考慮して転院するという方法が残されます。

ご自身に一番あった方法が見つかることを願っております。

投稿: Sachi | 2011年12月26日 (月) 06時10分

Nachiさんへ
きちんとNachiさんのコメントを見ずに投稿してしまい申し訳ありません。薬の事はSachiさんもおっしゃる通り人それぞれなのでなんとも言えませんが、不安な気持ちは凄くわかります。私もパルス前後は毎日不安でこちらのサイトを毎日見てました。Sachiさんの体験記には本当に励まされましたし、客観的な意見や情報などを読むととても勉強になり、自分でも調べようという気持ちになりました。毎回コメントを返して下さるSachiさんには感謝してもしきらない程です。

Nachiさんも不安と戦ってると思いますが頑張って下さい。家族の方が病気の事を知ろうとしてくれないのは悲しいですよね。尚更Nachiさんが自分の身体を大事にしてあげて下さいね。病院の先生ともしっかり納得いくまで相談してください。

治療は厳しい事を言うようですが、最終的には全て自分の責任です。私も自分で調べて扁摘パルスを受ける為に家族の反対をおしきって、元いた病院から別の病院にいき扁摘パルスをしました。

どうか、Nachiさんも自分が納得いく形で信頼できる先生から治療が受けれますように。応援しています!パルス治療の間、たっぷり時間ができると思いますので好きな漫画を読んだりしてゆっくり休んで下さい。

Sachiさんへ
大阪の耳鼻科リストをありがとうございました。
ないとあきらめていたので、嬉しかったです。早速、調べて行ってみようと思います。本当にありがとうございました。

投稿: りょうこ | 2011年12月26日 (月) 13時38分

Nachiさま sachi さま こんばんわ。

nachiさま 4月に貴殿が治療について悩まれて当ブログにコメントをされた後 家族、知人の理解も得られない中今回の治療への決断 敬服致します。

私もこの治療を選択するにつき悩みに悩みぬいて「どうせやるなら日本一の治療実績の医療機関で!」と決意し 近隣の扁摘パルス機関を飛び越えて 敢えて大阪から仙台を選択し治療に臨みました。

入院中は意外に淡々とした日々が続きました。周りの患者さん達も涼しい顔で治療を受けていました。

(私の副作用は不眠だけでしたし 他の患者さん達もそう言ってました。不眠という副作用もないという人も結構居ましたが…)

心配になる気持ちは良くわかります。医師の話を冷静に受け止めて 不安な点は医師にぶつけてください。

私は この治療を受けて 1年3ヶ月経過しますが 何の後遺症もありません。

気楽に寛解を目指しましょう!

またまた割り込み失礼しました……

投稿: キャメル | 2011年12月27日 (火) 00時00分

りょうこさん、キャメルさん、Nachiさんへの応援メッセージをありがとうございます。私が、最近、ブログへ多くの時間を割けていない状況の中、みなさんのご支援が得られることを大変、感謝しております。

また、今もなお、気にかけていただいていたのだと思うと、申し訳ないと思うと同時に、うれしくもあります。

Nachiさん、治療中の薬の多くは、ステロイドの副作用を減らすためのものです。それらは、主治医の先生が、個々の患者さんの状態を総合的に判断して決められます。

入院中は、ステロイドの影響もあり、鬱状態や精神が不安定になる患者さんが少なくありません。女性では泣き出してしまう方もたくさんいます(私は抗不安薬も飲んでいましたので、そのようなことはありませんでしたが)。

でも、大丈夫。多くの方が乗り越えて寛解を迎えているのです。

きっと、いつか、年末やお正月がくるたびに、あのときはとても辛かったけれど、なつかしく思えるという将来がやってきますよ。がんばりましょう。

投稿: Sachi | 2011年12月27日 (火) 03時40分

明けましておめでとうございます。
以前、9月頃投稿させていただいたえりかです。

無事冬休み期間で扁摘受けました。ですが、パルス療法は違う病院で受けるのですが大学病院なため受診時間も短く担当医も平日の昼間ばかりで学校と重なりなかなか行けません。
そのため始められるのが遅くなりそうで不安です。

やはり扁摘を受けたら早めにパルス療法を受けた方がよいですよねsign02wobbly

投稿: えりか | 2012年1月 1日 (日) 19時09分

えりかさん、こんにちは。Sachiです。

扁摘からパルスを受けるのは1年以内といわれますが、それも病状によって異なります。

潜血が強いようでしたら、早めのパルスをお勧めしますが、おさまりつつあるのでしたら主治医との相談でご都合のよいスケジュールでよいかと思いますよ。

よい年になりますように!

投稿: Sachi | 2012年1月 2日 (月) 06時28分

sachiさん、はじめまして☆それから明けましておめでとうございます!昨年igaだと診断されてから頻繁にこちらのブログを拝見させていただいておりますトマトリゾットといいます。日々の生活に気をつけながら落ち着いて過ごしてはいたのですが…たまたま行った歯医者で根が割れていると!銀歯の下のメタルコアというものがあっていなかったらしいです…。現在クレアチニンが1前後…抜歯のリスク(抗生物質や鎮静剤も含めて)を考えて腎生検を受けた医大で(まだステロイドは受けていません)と思うのですが、sachiさんの記事を読ませていただいて、はたして医大(ほとんど研修生だと思われ)が病巣感染を理解してくれるのかと思うと夜も眠れず…涙の日々です!sachiさんは恒志会というフォーラムに参加されたようですが会員でなければ病巣感染に理解のある近辺の歯科医師は紹介してはもらえないのでしょうか?寝ても醒めても悩んでます…お忙しいでしょうけれども、お返事をいただけたらとても嬉しいです!初めてのコメントで厚かましくてごめんなさい…

投稿: トマトリゾット | 2012年1月 3日 (火) 17時38分

トマトリゾットさん、明けましておめでとうとざいます。

抜歯については、担当の歯科医に抜歯後に歯槽骨を1mmほどけずってもらうようお願いすれば、残った細菌を除去できますから、大丈夫ですよ。そのことについては、多くの歯科医は心得ていると思います。

現在、クレアチニンが1前後とのこと、歯の治療が済みましたらできるだけ早く扁摘パルスを受けられることをお勧めいたします。寛解にまにあうか、ぎりぎりのところでしょう。

ステロイドだけの治療では、病巣を除去できません。現在の病院が実施していないようでしたら、転院をお勧めします。はやいうちに可能な限りのことをしておきましょう。

投稿: Sachi | 2012年1月 4日 (水) 06時39分

sachiさん、お返事ありがとうございます!こんなに早くお返事いただけるとは思っていませんでした(^^)歯槽骨を削ってもらえばよいのですね!sachiさんの記事を読ませていただいて最終的に紹介を受けた医大の歯科医師に削って頂いた…とのことでしたので特別な歯科医師でなければ処置してくださらないのかな、と悩んでいました☆ドライソケット、貧血や低血圧の人もなりやすいそうです…(涙)sachiさんはうがいにも気をつけていらしたようですし…抗生物質の服用、クレアチニンに影響するでしょうか?とても怖いです…一応腎臓に影響の少ない肝代謝のものを出してはいただけるとは思いますが。まだiga新米なので怖くて怖くて涙です…。

投稿: トマトリゾット | 2012年1月 4日 (水) 11時50分

Sachiさん、ご無沙汰しています。

今週、堀田修クリニックで外来受診。おかげさまで、寛解しました!

17年目ということで不安もありましたが、進行がすごく緩やかで腎機能がまだ80%くらいあったこともあってか、寛解することができました。

とはいえ、まだ仮免許のような感じなので油断は禁物ですが、Sachiさんのブログを参考にさせていただいてきたので、ご報告をと思いまして。

「"IgA腎症"は治る病気です!」というSachiさんの言葉を実感しています。貴重な情報を提供していただき、ありがとうございました。

これからもヨロシクお願いします!

投稿: ウエちゃん | 2012年2月11日 (土) 10時39分

ウエちゃん、こんにちは。Sachiです。

寛解おめでとうございます!やりましたね。17年は長い罹患期間ですが、炎症の程度が弱かったのですね。

もしかしたら、扁摘パルスを受けなくても将来の透析に到達しなかったかもしれませんが、病巣をもっているのと除去を施したのとでは身体的にも精神的にも大きな違いがあります。

「寛解できるんだ!」という気持ちをもって前進することが大切ですね。

投稿: Sachi | 2012年2月11日 (土) 10時47分

Sachiさん、こんにちは。
お元気ですか?
2年程前にコメントさせていただいた
saeです。覚えていらっしゃいますか(^_^;)?

あれから私は扁摘パルス後
1年弱プレドニンを飲み続け
昨年の秋にプレドニンを終了。
現在はなんの薬も飲まず2ヶ月に1度の通院のみです。
現在、潜血は(±)ですが
蛋白が(±)もしくは(+)と
なかなか安定してくれず…。
グラムだと0.1~0.3gです。
先生は0.5g以下だから大丈夫。と言いますが!
私は健常人と同じ量が目標。
早く(-)になる日が来ないものか…
毎回結果を待って悪くなっていないか
ビクビクするのは嫌なんです…。
1日でも早く寛解と言う言葉を聞きたいです。

Sachiさんにお聞きしたいのですが、
蛋白がなかなか減らないというのは
どういったケースが考えられますか?
咽頭炎と診断された訳ではないのですが、
一度耳鼻科に行ってみるのもありでしょうか。

投稿: sae | 2012年2月21日 (火) 14時36分

saeさん、こんにちは。Sachiです。

扁摘パルス後に潜血と蛋白がわずかに出ているようでしたら、鼻などの病巣がある可能性が考えられます。

ただ、IgA腎症の一次疾患に詳細な知識や根治の経験をもつ耳鼻科医はそれほど多くなく、異常なしといわれることが多いのも事実です。

塩化亜鉛の塗布を実施している耳鼻科医でしたら、一次疾患としての知識や治療について心得ていると思いますので、そのような耳鼻科をお探しになるとよいかもしれません。

投稿: Sachi | 2012年2月21日 (火) 14時45分

お返事ありがとうございます(^^)
以前から塩化亜鉛を塗布してくれる
(Bスポット治療というんでしょうか)
病院をネットで探しているのですが…
なかなか見つかりません。
私は福岡県在住で、やっと見つけた!
と思ったら東京の病院だったり(-_-;)
やはり塩化亜鉛を塗布してくれる耳鼻科は
なかなか無いようですね。
耳鼻科に片っ端から電話してみようかなと
考えているのですが、
何と説明したらよいのでしょうか。

質問ばかりすいません(>_<)

投稿: sae | 2012年2月21日 (火) 15時57分

saeさん、堀田先生の「鼻うがい健康法」の書籍はお持ちですか。

福岡県では、北九州市の松井病院http://www.tensuikai.or.jp/と福岡市のみらいクリニックhttp://mirai-iryou.com/がのっています。

投稿: Sachi | 2012年2月21日 (火) 16時10分

福岡にもあるのですね(*^^*)

早速今日本屋さんに行ってみます。
ありがとうございました(^^)
Sachiさんにもいい報告ができるよう
可能性があるならば、寛解を目指し
やれる全てのことをやってみます。
たくさん質問して
すいませんでした。
そして、丁寧に答えて下さり
ありがとうございました。
周りに同じ病気の方がいないので
相談にのっていただけて凄く助かりました。

Sachiさんのブログの更新楽しみにしています。
お仕事お忙しいでしょうが、
体に気をつけて下さい。

投稿: sae | 2012年2月21日 (火) 16時52分

聞き忘れたのですが、
塩化亜鉛の点鼻薬の名前わかりますか?
わかるのであれば
教えていただきたいのですが…。
よろしくお願いいたします。

投稿: sae | 2012年2月21日 (火) 18時25分

塩化亜鉛は処方薬ではないため、製品名はございません。

プレフィアやミサトールなど、通販で購入できるものがよいでしょう。
書籍にも掲載されておりますので、ご覧ください。

投稿: Sachi | 2012年2月22日 (水) 04時10分

そうなんですね。
ありがとうございました(^^)

投稿: sae | 2012年2月22日 (水) 12時26分

sachiさん初めまして。私はIgA腎症と診断されて一年がたちます。腎生検も昨年の十月にしました。今年の五月に扁摘手術をするのですが何だか毎日不安です。今ブロプレス2㎎を飲んでます。先月の検査結果が蛋白(∔2)潜血(∔3)クレアチニン換算値0.67g/gでした。私がパルスを受けても寛解する事が出来るのでしょうか?

投稿: ゆりゆり | 2012年3月 2日 (金) 18時28分

ゆりゆりさん、こんにちは。Sachiです。

私がゆりゆりさんの寛解を推測してお答えすることはできませんが、クレアチニン値が正常値であることからすれば、寛解の可能性は高いかもしれません。

ただ、炎症が強いようですので、病巣をしっかりと早めになくすことがカギとなると思います。主治医によっては、扁桃以外の病巣を見つけられないこともありますので、ご自身でも気を配ってくださいね。

投稿: Sachi | 2012年3月 3日 (土) 02時54分

sachiさん、こんばんは。

今日は外来日だったのですが、主治医から転院を薦められました。

いつも主治医にパルスについていろいろ質問をしてもしっつくりこない回答ばかりで・・・。毎回この主治医にパルスを任せて大丈夫なのか不安がつのるばかりで・・・。

今日も「ご自分で探された病院でパルスをされたらいかがですか?」と言われてしまいました。

近いうちに成田記念病院へ転院を考えています。

堀田先生の外来日にお伺いしたいと思うのですが紹介状の他に何か必要な物はありますか?

御迷惑でなければアドバイスお願いします。


投稿: ゆりゆり | 2012年3月15日 (木) 21時17分

ゆりゆりさん、こんにちは。Sachiです。

主治医の先生は、パルスの経験があまりないようですので、転院をお奨めになったようですね。結果的にはそれでよかったと思います。

紹介状のほかには、これまでの検査結果が必要です。お持ちでなければ、主治医の先生に結果をプリントアウトしたものをもらうとよいでしょう。

投稿: Sachi | 2012年3月16日 (金) 03時46分

sachiさん、こんばんは。

お返事ありがとうございました。

sachiさんに結果的にそれでよかったと言われて、どこか不安だった気持がなくなりました。

自分の体ですもんね。自分が納得出来る治療がしたいですもんね。頑張ります!

それで来月の堀田先生の外来診察日に運良く予約をいれていただけました。

いまからドキドキです。

これまでの検査結果は来月までに揃いそうです。

これからの治療に一歩前進できた感じで嬉しいです。

sachiさんのブログに会えた事に感謝です。

投稿: ゆりゆり | 2012年3月17日 (土) 21時50分


始めまして。

高校二年の時の尿検査で初めて血尿が見られて
色々自分で調べてみて病院も変えてみて
結局順天堂医院に診てもらうことにしました。

すると検査結果は血尿だけで血液も問題なく
痩せ気味な事もあって
ナットクラッカー現象という無害な症状だと診断されました。

それからもう二年が経つのですが
このブログを見てみると
僕も慢性の鼻炎を持っていて
喉も扁桃腺は腫れてないのですが違和感があり
アレルギー体質で微熱も続くので
やはり腎炎なのかな と不安になります(>_<)

過去の尿検査では何回か尿タンパクも出た事もありました(>_<)

かなり大きな病院で診て貰ったので安心していたのですが
また不安にかられています(>_<)

夏にもう一度検診に行こうと思いますが

やはりiga腎症なのでしょうか?

長文失礼しました。

投稿: ふ | 2012年6月17日 (日) 23時06分

ふさん、こんにちは。Sachiです。

尿蛋白が出るのは心配ですね。ナットクラッカー現象でも潜血と尿蛋白が出る場合もあるようですが。

大きな病院だから、診断や治療が適正だとは限りませんので、別の病院でも検査なさってはいかがでしょうか。

または、堀田先生のIgA腎症専門外来であれば、安心して診断できると思います。

投稿: Sachi | 2012年6月18日 (月) 03時31分

はじめまして。
子供がネフローゼになりました。
色々勉強させて頂いてます。
貴重な情報ありがとうございますm(__)m
今後もどうか宜しくお願いしますm(__)m

投稿: けいこ | 2012年6月20日 (水) 16時16分

けいこさん、こんにちは。Sachiです。
出張で2日間、外出していたためお返事が遅れてすみません。

お子様がネフローゼとのこと、毎日、ご心配のことと思います。

私のブログが参考になれば幸いです。

投稿: Sachi | 2012年6月22日 (金) 06時37分

こんばんわ。

こないだコメントさせていただいた ふ です。

先日大久保病院に言ってきまして
潜血+3でした。
クレアチニンは0、94で
尿素窒素は9、9でした。

エコーやCTを撮ってわからなかったら

腎生検をやると言われました。

血尿が見られてから二年が過ぎましたが

タンパクが出ていなかったので

例え腎炎だとしてもまだ軽い方なのでしょうか?

クレアチニンの数値は正常なのでしょうか?

歳は18で痩せぎみです。

長文失礼致しました。

投稿: ふ | 2012年6月30日 (土) 01時05分

ふさん、こんにちは。Sachiです。

検査値の潜血やクレアチニン値からすれば、腎炎だとすれば強いと考えられます。

先生からは説明を受けていると思いますが、クレアチニン値も正常値より上回っています。

早急な対処が必要になりますので、腎生検は早めに受けたほうがよいでしょう。

投稿: Sachi | 2012年6月30日 (土) 03時20分


お返事ありがとうございます。


クレアチニンが正常だと数値はいくつくらいになるのでしょうか?(>_<)


タンパク尿は出ていなくても炎症は強いのでしょうか?

まだあまり知識がないので質問多くなってしまって申し訳ないです(>_<)

投稿: ふ | 2012年6月30日 (土) 10時11分

ふさん、こんにちは。Sachiです。

血液検査の正常値は、ネットで簡単に調べられます。病院によっても正常範囲の数値に違いがありますので、この機会にご自身で関心をもってさまざまなことをお調べになることをお奨めいたします。

投稿: Sachi | 2012年6月30日 (土) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153371/40564072

この記事へのトラックバック一覧です: 扁摘パルス療法の研究結果、国内・外で続々と:

« 鼻咽腔炎の治療法 | トップページ | 扁摘パルス治療が普及段階へ »